文芸創作サークル プラスランタン Plus_Lanternをフォローしましょう 

魔法

メリーゴーランド

『魔法』 ¥200

少女たちには「秘密」があったため
前回のテーマとなり、
「魔法」は晩秋へと持ち越されました。

文庫サイズ、全80ページ。

・遊佐はなえ「信じるなら、そのようなものを」
・多々畳「な れ そ め」

表紙イラスト・マツオカユキ

『信じるなら、そのようなものを』遊佐はなえ

不思議な力を持ってしまったことで、孤独になった少年。
「死」に触れすぎたことで、孤独であろうとする男。
「孤独だ」と思うことで、自分を保っている少女。

とある男が語る、魔法に満ちた少年時代の物語。

『な れ そ め』多々畳

何となくでも良いから隣にいて欲しかった。
連絡帳を預かったり預けたりの関係で良かった。
そのままでいられないことも本当は知っていたから、
迷惑とわかっていてもわがままを言い続けた。

誰かと誰かのなれそめと、誰かと誰かの言葉遊び。

一覧へ戻る→