文芸創作サークル プラスランタン Plus_Lanternをフォローしましょう 

あたらしい本

逆様

『アップルパイ』 ¥300

赤いリンゴにシナモンをまぶしたら、
200℃の熱はどこまで焦がすのでしょう。

文庫サイズ、全100ページ。

・遊佐はなえ「ゲンザイのドア」
・多々畳「お わ か れ」

表紙イラスト・マツオカユキ

『ゲンザイのドア』 遊佐はなえ

モモの営むコラールは、街の小さな喫茶店。
哀しさもむなしさも、リンゴの香りでつつみこむ。

ひとりであること、許すこと・許されること。
罪と今。神さま。そして恋。

なにもかも諦めるように生きていたモモが見つけた、
細い導火線が、赤い現実を揺り動かす。

『お わ か れ』 多々畳

いつもの場所と、いつもの話と、いつもの人。
いつもがいつもじゃなくなったら、それもまたいつもになるの?

こげたアップルパイは、おとなの味。

バックナンバー →